DWEでゆるゆるおうち英語+α

  継続は力なり! 我が家のゆる~いDWE(ディズニーの英語システム)活用の記録。 +αでその他いろいろな事を掲載します。

MENU

今週のDWE取り組み

f:id:mommy-akko:20160730071211j:plain

今週一週間、小2娘がダウンしていました。

私も仕方なく仕事を休み、ついでに年中娘も休ませて、久しぶりに平日をゆったりと娘達と過ごしました。ゆったり、とは言っても、体調不良の小2娘にとってはキツイ一週間だったと思います。

今週のかけ流し

いつも通りシングアロング1~4のCDを一晩一枚ずつかけ流しました。やはりいつも通り、二晩ほど流し忘れました。

たまにはDWE絵本の朗読CDでもかけ流そうかな?12枚分あるので、2週間で一巡する感じでしょうか。

今週のTE(テレフォン・イングリッシュ)

小2娘ダウンで、お休みしました。(- -)

でも、練習はしましたよ!

さすがに体調不良がピークの日は練習どころではありませんでしたが、回復してくると、自ら「英語やろう!」と声かけしてくれて、ほぼ毎晩Bookレッスンの練習をしました。

現在、小2娘Book 6 レッスン2を練習中です。

比較級と最大級が出てきます。

"Each fish is bigger than the one before." とか。

(先生)"Which fish is the biggest?" ⇒ (子)"The last fish!"

すでに日本の中学校英語の域に達しています。

しかも、お手本通りの表現ではなく、自分で考えて答えられるようになってきています。w(^O^)w

わが家はスローペースですが、ここに来てやっとモチベーションが上がり始めたので、うまく維持して進めて行きたいと思います。

年中娘Book 3 レッスン2を練習しています。姉のやる気につられて、眠いのを我慢して練習しました。

今回のレッスンは長いセンテンスが多く、ちょっと苦労しています。

例えば、"Daisy takes a bottle of milk, a stick of butter, and three eggs out of the regrigerator." 長いです。

子供はもちろんカタカナ読みなんてしませんから、聞こえるがまま真似して発音します。

"a stick of butter" が「ぉしっこばら」になります。ヾ(o´▽`)ノ

可笑しくて笑ってしまうのですが、「子供の耳の方が確かだから訂正する必要はない」とのワールドファミリーのアドバイスを思い出し、笑いながらも「いいね~♪」と褒めています。

でも本人も、自分で言っておきながら大ウケしています。

Bookレッスンの練習が楽しくなってきています。(⌒o⌒)v♪

今週の感想

先週後半から子供の体調不良で、ゆるゆるな取り組みでした。

けれど、小2娘の英語に対する目標が高くなってきたことを知ることができた、嬉しい一週間でした。

「ペラペラになりたい」「イエローCAP取る」「卒業する」と言っています。

現在グリーンCAPに取り組み中で、イエローはまだまだ先ですし、卒業もさらに先。ですが、「断言」するようになってきたので、やる気を保ちつつ一歩一歩目標に向かって進めるように、サポートしたいと思っています。

年中娘は、「マーク先生に会いたい!」と1年以上前から言っています。過去のイングリッシュ・カーニバルのDVDを見て、大好きになったようです。

マーク先生はイベント出演から既に引退してしまっているので、会えるとしたら卒業式でしょうか...。「卒業式に出られたら会えるよ!」と伝えてきたところ、最近は「卒業式に出てマーク先生に会いたい!」と言うようになりました(笑)。

英語はあくまでも一つのツールでしかありません。英語以上に「大人になったらどういう形で社会貢献したいか」が大切だと思っています。その上で英語ができれば、活躍の場も可能性の幅も広がると思います。

今は目の前の「卒業」という目標に向かい、少しずつ娘達それぞれの大きな夢へとつなげるサポートができたらな~、と願う母mommy-akkoでした。