読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DWEでゆるゆるおうち英語+α

  継続は力なり! 我が家のゆる~いDWE(ディズニーの英語システム)活用の記録。 +αでその他いろいろな事を掲載します。

MENU

0歳から始めた英語... その後

f:id:mommy-akko:20160726045204j:plain

 

8年前にディズニーの英語システム(DWE)でなんとなくスタートした英語。

この時、長女0歳11ヶ月でした。

今や0歳からの英語って当たり前になりつつあって、中には胎教から英語をスタートする熱心な親御さんたちもいるみたいです。スゴイですね!

早期英語教育には賛否両論ありますが、ギリギリ0歳のうちに英語を一応スタートさせた私が思うのは、この時期にもっとちゃんとやっていれば良かった!ということ。

早期英語教育への賛成論には科学的根拠もそれなりにあるようですが、こちらについてはまたの機会に改めて調べて書きたいと思います。

今日は私が娘達を見てきて、感じたことを書いてみます。(^-^)

 

英語は繰り返しが効く幼児期がベスト… 親も楽ちん♪

小さい子供って、同じことを繰り返すこを苦にしませんよね。苦にしないどころが繰り返しが大好きです。よく飽きないな~と関心することがあります。

わが家でもDWEスタート時は熱心に同じDVDを繰り返し見ていました。

親の努力はほぼゼロ

私がしたのはDVDを時々入れ替えるぐらいです。(^^;)  

母のスボラさにめげることなく、飽きもせず何度も同じDVDを観る娘。繰り返しインプットできたのは、そういう時期だったからこそだと思います。わが家には当初、プレイアロングとブルーレベルの教材しかありませんでしたが、この時期に少なくともシングアロングだけはブルーだけでなく、グリーン、ライム、イエローと全て揃えておけば良かった!と悔やんでいます。

DWEのシングアロングには英語に使われる音声全てが網羅されているそうで、DVD(あるいはCD)を全巻かけ流しておけば、英語の音が全て聞き取れるようになるそうです。英語には日本語に無い音声がい~っぱいありますから、耳を英語に慣らしておかないと、成長とともに聞き取りにくくなっちゃうんですね。脳が柔らかいうちに英語の音を脳に刻み込んでおくことで、英語が完璧に聞き取れる耳になるんですって。日本語だけの生活だと、日本語だけしか聞き取れない耳になる。しかも英語には日本語の何十倍もの音声がある。だから日本人は英語が聞き取れずに苦労するんですね。

じゃぁ、どうすれば良いか。

まずは耳を鍛えるために0歳から1、2歳まではひたすらかけ流せば良いんです!

DWEを検討されていてまだお子様が小さいご家庭は、とりあえずシングアロング(歌のセット)を揃えれば、耳に関してはクリアできるので、お勧めです!!

発音や読み書き、会話力は、耳が出来上がってからでも十分だと思います。

日本語だって、まずは沢山の語りかけや環境にある音を耳にして、その後1~2歳でやっと発語へと進むのですから、英語も同じです。

もし、お子様がもう3歳とか5歳とか、あるいは小学生とか、少し大きくなっている場合でも、耳の訓練からスタートするのが近道かと思います。ひたすらかけ流しです。子供の耳は柔軟ですから、遅すぎるということはありません。0歳児のようには行かなくとも、大人に比べればまだまだ行ける状態です。

また、この時期(3歳以上)のお子様は、すでに記憶力も考える力もついてきていて、発語もできますから、聴いた英語を口にするのは早いかもしれません。ただし、そのぶん飽きるのも早く、繰り返しを嫌がるようになります。

けれど、そこは親がめげず、「音が脳に刻み込まれるまでは2~3年かかる」ということを念頭において、かけ流しは日常的に気長にやってあげることをお勧めします。DVDを嫌がる場合はCDでBGM代わりにかけておくだけでも、何もしないよりは良いでしょう。

とにかくまずは、いつもの生活環境に英語の音を入れてあげる、ということを意識してみると良いかと思います。

 

わが家のDWEの現状… 停滞期真っ只中!

ちなみに、DWE8年目に突入して、少し停滞気味なわが家が今使っているのは、シングアロングのCDのみです(汗)。

寝る前に(余裕があれば起きた時にも)一度かけ流しているだけ

シングアロングはDVDは全12巻ですが、CDは4巻のみ。一日1巻ずつかけ流しています。

iPodに全部落としてあるので、CDを入れ替える手間もなく、ボタン操作のみで済みます。子供達が聴いていようがいまいがお構いなし。完全にBGMです。リピート機能をオフにしているので、途中で寝ちゃっても、全曲終われば勝手に止まるので問題ありません。

停滞中は欲張らず、耳だけでも鍛え続けようと母は毎晩ボタンを押します。

少々ズボラなので、それすら忘れることもありますが、先は長いので細かいことは気にしないことにしています。(^^;)

 

シングアロングの次に活用している(していた?)のが、ストレートプレイDVD。ミッキー達が登場するストーリー仕立てのDVDです。

一時よく観ましたが、最近は全然です。年中娘は声かけすれば「観る観る~」とまだ言ってくれるのですが、小2娘は別の物を好むようになり、結局操作が達者な小2娘が勝ってしまいます。

「英語の物で」と指定すると、イングリッシュ・カーニバルというワールドファミリークラブ(WFC)のイベントDVDを持ちだしてきたり、WFCから届いたプレゼントDVDだったり。『ティンカーベル』を英語で観る!という時もあります。けれど、なぜかストレートプレイDVDは避けます。まぁでもこれは良しとしています。もう何度もみて覚えちゃったんだな~と解釈するようにしています。

 

でもやっぱり繰り返しインプットするのに最適な時期に、ブルーまでしか持っていなかったのは失敗だったな~と今更ながら思います。

わが家では2年程前にオプションセットのQ&Aカードを購入したのですが、小2娘、ブルーレベルまでは余裕で聞き取って理解しているんです。グリーンはボチボチで、その上になると微妙な感じ。ブルーはいっぱい観て聴いていましたから、そのレベルなら自然に聞き取れて理解できるみたいです。イエローまで最初からかけ流してあげていればな~と悔やまれます。

 

そんな私からDWE検討中の方へのお勧めです

 

これは、娘達を8年間見てきて、追加購入しながら最終的にはミッキーパッケージ+G+Qを揃えた経験から、お子様への効果を考えてのお勧めです。

あくまでも個人的な考えであることはご了承ください。

 

英語どうしようかな~と悩まれている方は、まずは色々な教材会社の無料サンプルを取り寄せて、ご自分で試してみることをお勧めします。

お子様が小さいうちは、教室よりも毎日使える教材の方が絶対いいと思います☆

ディズニー英語システム

 

今、わが家の英語はWFCが中心

DWE教材はあまり出番がなくなってきましたが、その代わりにフル活用しているのが、ワールドファミリークラブ(WFC)です。教材を正規購入したユーザーだけが入会できます。アウトプットの場を始め、様々なサービスを提供してくれます。

わが家が主に活用しているのは、週1回のテレフォン・イングリッシュ(TE)。ネイティブの先生と電話でレッスンできます。

このレッスンのために、夜シングアロングかけ流しをBGMに練習するのですが、最近小2娘は、自ら「練習する!」と言うようになりました。「英語楽しい」と。「もっとしゃべれるようになりたい」と言っています。続けていれば、こういう日を迎えられるんですね。\(^o^)/

 

英語の始めどきは人それぞれ。思い立ったら吉日!

英語はやっぱり、0~1歳の時期を逃さない方が賢明だと思います。

かといって、幼稚園に入ってからでも、小学校に上がってからでも、「遅すぎる」ということはないと思います。継続に少し努力が必要になるかもしれませんが、何事も遅すぎることはないと私は思います。

英語やりたいな~と思ったら、どんな時期であっても一歩を踏み出してみて、その後の事は後で考える。最初の一歩がなければ、何も始まりません。思い切って一歩を踏み出せば新しい世界が広がります。

子供達には、英語に限らず、色々な可能性の芽を育ててあげたいものですね。

花開くかどうかは本人次第。根と芽が育たなければ、花は咲きようがありませんから…。根と芽を育ててあげるのが親の役目かな~と私は思っています。

少しでも娘達の可能性を広げてあげたいな☆