読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DWEでゆるゆるおうち英語+α

  継続は力なり! 我が家のゆる~いDWE(ディズニーの英語システム)活用の記録。 +αでその他いろいろな事を掲載します。

MENU

DWE(ディズニーの英語システム)の追加購入歴

DWE英語  - 教材について

f:id:mommy-akko:20160726051644j:plain

 

DWEを始めて8年。(2016現在)

小さいパッケージでスタートし、止めそうになったことも多々ありました。

ワールド・ファミリー・クラブは、退会していた時期もあります。

ワールド・ファミリー・クラブ(WFC)とは、DWE教材でインプットした英語をアウトプットする場として、週1回ネイティブの先生と電話レッスンが受けられたり、ネイティブの先生達と触れ合えるイベントに出られたりします。その他、教材の無料保証等のサービスがあります。

WFCの詳細はこちら▼

mommy-akko.hatenablog.jp

 

英語は別の手段に切り替えようかと考えたこともありました。

教室とか他社教材とか…

そんな中、縁あってちゃんとDWEの教材体験を受けて(最初は受けずに購入)

そこから少しずつ教材を追加購入し、

今や専用棚まで手に入れて

(棚はある程度のパッケージ以上を契約するとプレゼントされます)

部屋の片隅には教材様ドデーン居座っております

マジックペンもあれば、Q&Aカードもある…

無いのは、しゃべるミッキーがおまけで付くセットと、小さめの棚が付く工作お遊びセットのみ。

どうせ買い揃えるなら、最初からセットで買っておけば何十万も浮いたかもしれません。

確実に損な買い方をしています。

 

けど、後悔はありません!!

最初にドーンと買っていたら、続けられていたかどうか…。

私の性格だと、そのボリュームに圧倒されて、段ボールを開ける前に嫌になって手放していたかもしれません。実際に私の友人は、フルセットを購入したものの、いちいちDVDやCDのビニールを剥ぐのが面倒!と結局使わずに売却してしまいました。中古品がたくさん出回っているのを見ると、使いこなせず諦めて手放しちゃう人が少なくない、ということが分かります。

そう考えると、子供達の様子を見ながら少しずつ増やして、自分でもペースが掴めて教材の良さを把握できた時点で一気に増やす、というわが家のやり方もアリなのかもしれません。無理してローンを組まなくても済みましたし。

 

わが家のあり得ないチマチマDWE教材追加

わが家には最初プレイアロングセットブルーのCD/DVD/トークアロング・カード/絵本しかありませんでした。

今は亡きパッケージです。地域限定、期間限定で販売されていたようです。

最初の追加は、シングアロングのグリーンのみ(^^;)。

長女が5歳の時ですから、最初の購入から4年後ぐらいです。

次に、シングアロングのライム

そして、シングアロングのイエロー

その後、ストレートプレイDVDを1色ずつ追加。(^^;)

だいぶ教材の内容と効果を理解して、細々でもやって行く価値を実感し、私自身も与え続けられそうだと感じた時点で、メインプログラム残り全てとマジックペンセットを追加購入し、しばらく退会していたWFCに再入会(教材追加購入と同時に入会または再入会する場合は、入会金や再入会金が無料になります。)

その翌年、Q&Aカードも追加

最初に体験を受けて説明をちゃんと聞いていれば、こんなに時間かからなかったかもしれません。

でも、納得した状態であったとはいえ、メインプログラムを追加した時はいきなり数十万円の出費になったわけですから、勇気入りましたよ~。

 

教材の効果の程は?

まだまだ発展途上です(汗)。

これから少しずつ、効果を公開していけたらと思います。

もちろんペラペ~ラではありません。

けれど、当初はガンガンかけ流していたので、その効果が出ているのか、だいぶ頭には入っているようです。Q&Aカードのブルーレベルは、初めて取り組んだ時から質問をちゃんと聞きとり正解していたので、正直かなり驚きました。

また、最初は恥ずかしがって嫌がっていた週1回の電話レッスン(テレフォン・イングリッシュ)も、無理はせず可能な範囲で続けていたら、今では大きな声で堂々と挨拶ややり取りができるようになってきました。

教材を始めていなかったら、

続けていなかったら、

こうはならなかったでしょう。

 

いま、一番力を入れているのは、週末イベントへの参加です。

ネイティブの先生と触れ合える絶好のチャンスです。回数をこなすうちに外国人慣れしますし、イベント内容が教材ベースなので理解も深まるようです。最初は私から決して離れないシャイな娘達でしたが、今では先生達のところに自分から走り寄って行くようになりました。質問されれば答えています。積極的なお子様だと当たり前なのかもしれませんが、わが娘達にしては大きな成長です。

 

教材をやっている年数の割りには微々たる成長ですが、

求めすぎずに娘達のペースで楽しく行こう!

と自分に言い聞かせています。

いつかは娘達を宿泊イベントにつれて行きたいな~。

さらには海外イベントにも参加させたいな~と夢見つつ…。