読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DWEでゆるゆるおうち英語+α

  継続は力なり! 我が家のゆる~いDWE(ディズニーの英語システム)活用の記録。 +αでその他いろいろな事を掲載します。

MENU

ディズニーの英語システム(DWE)を始めたきっかけ

DWE英語

f:id:mommy-akko:20160726045051j:plain

はじめまして。

mommy-akkoと申します。小2と年中の女の子2人を育てるワーキングマミーです。

このブログには、わが家の英語の取り組み(ゆるゆるですが)と英語ネタ、そのほか楽しい記録を綴って行きたいな~と思い、開設してみました。

わが家では、DWEことディズニーの英語システムを導入しています。長女が0歳11か月の時にスタートしているので、かれこれ8年目を迎えております。

今どきの英語事情って...?

こどもの英語って、最近ニュースとかでもよく目にする話題ですよね~。

  • 早ければ2年後の2018年に、遅くとも2020年までには、小学校で英語の成績が付くようになる、とか(ふむふむ)
  • やはり2年後に、中学校では英語で英語の授業をするようになる、とか(え?授業成り立つの?)
  • 4年後の2020年から、高校では英語でディスカッションできるレベルが必要になり...(そんな急に言われても...)
  • 近い将来(2018年?2020年?)、大学受験要件にも卒業要件にもTOEFLが課されるようになる、とか(ゲゲ)

ちなみにTOEFLとは、「Test of English as a Foreign Language(外国語としての英語のテスト)」で、外国人がアメリカの大学に入学を希望する際に必要とされる英語能力を計るテストです。よく耳にするTOEICとはレベルが違います。与えられた時間内に与えられたトピックで論文を英語で書かされたり、与えられたトピックでその場でスピーチをさせられたり、かなりハードルが高いです。

私mommy-akkoは、家の事情で高校からアメリカに渡り大学も現地だったため、大学出願前にTOEFLを受けました難しかったです(汗)。ちなみに卒業後帰国して受けたTOEICはほぼ満点、超簡単に感じました。(今はたぶんダメダメです。笑)

そういうレベルのテストを日本の大学受験に導入するとは...しかも日本の全大学で実施って以前新聞で目にしたような。わが子はどうなる!?と焦る前に、そういった極端な動きにちょっと疑問を持ってしまったmommy-akkoですが、疑問に思ったところで覆すことなんて不可能だから、娘達が路頭に迷わないように準備してあげないと...

と考えてDWEを始めたわけでは...ありません!(笑)

DWEを選らんだ理由

なんとな~く、たまたまの出会いから。ご縁があったのでしょう。参考にならなくてスミマセン。

育児書や通販で広告を良く目にしていたので、とりあえずサンプル請求をしてみました。

1週間程で届きましたが、当時は小さめの封筒にDVDと紙がペラっとちょこっと入っていた程度だったと思います。しばらくそのまま放置...

ある晩、当時0歳10ヶ月だった長女が寝静まった後、一人でこっそり内容チェック。

最初の印象は、「なんじゃ、この古い映像は!?」(笑)

その後に延々と続く、幼児の聞き取り能力の実験模様...たぶん忙しい人はちゃんと観ないだろうな~と思いつつも最後まで観てしまったmommy-akko。で、なぜか気になってしまいました。

なんでだろう?

一番の理由は、サンプルDVDの中の説明で、英語は生後10ヶ月だったか11ヶ月までに始めないと難しくなるようなことを言っていて、それが強烈に頭に残ってしまいました。

ただ、教材の開発元って気になりますよね~?私はすごく気になって...というのは、「ディズニーの英語システム」というぐらいだから、ウォルト・ディズニー社が作ったのかと思ったら、そうではなく、ワールド・ファミリー(株)ってあって、この会社は一体なんなんだ?ディズニーとの関係は?と疑問に思い、気になり出すとすぐに行動しないと気が済まない私は、サンプルに入っていたショールームの案内から、最寄のショールームに突撃してしまいました。

突撃した日にちょうど無料イベントがやっていたから良かったものの、本来は完全予約制だそうで、予約が無いと行ったところで説明が聞けるわけではないようです。

ショールームに到着すると、子連れのお客さんが沢山来ていて、ちょうど英語イベントが始まるとかで、スタッフの好意で予約なしで飛び入り参加させて頂きました。

気になる娘の反応は?

ハマりましたね~。10ヶ月でしたので当然おしゃべりはまだでしたが、立ちあがってパチパチしてキャッキャ笑って...何やら言ってかなり喜んでいました。

そうなると、教材がますます気になってきます。

勧誘イベントだったようで、イベント後にスーツ姿の営業が数名来て、それぞれ家族単位で説明に入っていました。予約の無いわが家もちょっと待たされた後、女性の方が来て下さり、簡単に説明を聞きました。でも大した説明ではなかったです。こんな教材がありますよ、程度で。

気になるお値段は?

突撃の目的は、会社がちゃんとしているか自分の目で確かめたかったのと、価格の確認でした。確か、サンプルには価格が載っていなかったんです。

で、お値段は...?

びっくりしましたね~。想像をはるかに超えていました。当たり前のように10万越えで...

そこで一端引いてしまいました。止めとこうと思いました。自宅で教材体験できると迫られましたが、自宅に来られるのは絶対に嫌だったのでお断りしました。

けど、やっぱり帰宅後、生後10ヶ月以内に始めないと・・・という文言と、娘の反応が脳裏に焼き付いてしまって離れず、結局小さいパッケージを購入してしまいました。20万円なり~。

いざ教材スタート!

どんなパッケージだったかというと、プレイアロング(ディズニーとは関係のない赤ちゃん向けセット)とブルーレベルの物のみを集めた、今は亡きパッケージです。

教材は、ブルー⇒グリーン⇒ライム⇒イエローとレベルアップしますが、そのブルーのみのCD、DVD、絵本、カードが付いてきました。

最初はもっぱらプレイアロングのみでしたね。しばらくは楽しんでDVDみたりおもちゃで遊んだりしていました。映像の古さも次第に気にならなくなり、親しみを覚えるようにすらなりました。

ただ、ちゃんと説明を聞かずに購入してしまったので、どう進めて行けば良いのか全然わからず、ワールドファミリークラブというアウトプットを促すクラブにも入会しましたが、活用方法がわからず、ただただDVDを観せるのみになってしまいました。

無料体験は絶対受けるべし!!

自宅に来られるのが嫌で無料体験を受けず、ちょっとした説明で購入してしまって、結局その後かなりの時間を無駄にしました。

スタートして4年後、長女が年中、次女が2歳の頃、教材お蔵入りでクラブ退会状態でしたが、縁あって初めて無料体験を受けました!

衝撃でした。

上記の英語事情を知ったのは、その時です。

DWEのすごさを知ったのもその時です。

これはちゃんとやれば結果が出る、と確信しました。

この「ちゃんとやる」というのが曲者だということも教わりました。頑張りすぎちゃダメなんですね。教材の与え方など、色々教わりました。

そして、少しずつ教材を追加していき、今では棚ももらい、2つのオプション教材以外は全部揃っています。

多少停滞しても、気にせずのんびり構えていられるのは、無料体験のおかげです。アドバイザーの方の助言のおかげです。

「絶対に強制はしないで」と言われました。子供ってやれと言われるとやらないんですよね。自分から楽しい!やりたい!にならないと続かないし、そうなってもしばらくすると飽きる。やりたくない時に無理にやらせても嫌いになるだけ。そうなっては元も子もないので、わが家では基本的に本人達に任せています。ただしCDのかけ流しだけは毎日しています。余裕があれば朝晩、忘れた時は夜、寝る準備をしてお布団に入って寝付くまでの間、BGMとして。

まだまだペラペ~ラになるまでには時間がかかりそうですが、長女はやっと自ら「しゃべれるようになりたい!」と言うようになってきたので、ゆっくりのんびり様子を見守りたいと思います。

 

幼稚園では遅すぎる 新装版 (サンマーク文庫 G- 108)