DWEでゆるゆるおうち英語+α

  継続は力なり! 我が家のゆる~いDWE(ディズニーの英語システム)活用の記録。 +αでその他いろいろな事を掲載します。

MENU

「1年でも早く始めるべき」は本当か 子ども英語めぐる大論争

あっという間に2月ですね~。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

わが家の英語(DWE)は停滞気味です。

電話レッスン(テレフォン・イングリッシュ)も年が明けてからまだ1回しかやっていません。どうしたもんじゃろな~。

 

週刊東洋経済 子どもの習い事特集 

昨日新聞を読んでいたら、雑誌「週刊東洋経済」の広告が目に止まりました。

 

21世紀の読み・書き・そろばん

「食える子」を育てる

 

これが大きな見出しになっていました。

今はAIが急速に発達・普及し始めていて、多くの仕事がロボットに奪われようとしています。人としての活躍の場は「創造力」が必要な部分のみにシフトしていく模様です。

誰にでもできる仕事、機械的にできる仕事をしていては、もう「食っていけなくなる」。

子ども達にも、発想を豊かに持って、オリジナリティあふれる創造力を身につけて欲しいな~なんて願っています。

 

このAI時代の習い事特集にももちろん興味を引かれましたが、さらに目に止まった見出しが。

 

「1年でも早く始めるべき」は本当か

子ども英語めぐる大論争

 

え~?なになに?どんな内容?

ととっても気になってしまい、保育園のお迎え前にコンビニで買ってしまいました、「週刊東洋経済」(笑)

690円です。

 

表紙には子ども英語に関する記事の見出し、ないですね~。

確かに新聞広告にはあったはず…と目次を探すと、ありましたありました。

f:id:mommy-akko:20170207141103j:plain

 

どんな大論争?

小さいうちにスタートした方が良いという意見と、中学からでも遅くない、何歳からでも学べるという意見が述べられています。

 

ポイントと抜き出してみると…

  • 10歳ぐらいまでが、理屈抜きに自然に言語を習得できる年齢の限界
  • 幼少期音声の確立(聞取りと発音)に重要な時期
  • 英語習得のカギは、上記2点に加え、15歳までの継続学習
  • 母語の能力を超える第2言語はあり得ないため、母語能力の強化も同時に必要

読んでみると論争という感じはあまりありませんでした。

 

ネイティブ並の発音は幼少期からスタートしないと身には付かないけど、早くスタートしても継続しないと習得には至らない、という事実。

遅くスタートしても発音はともかく英語の習得はできなくはない、という事実。

日本に住む日本人の場合は、日本語能力が英語能力に比例する、という事実。

どれも正しいと思います。

 

結局いつから英語を始めるべき? 

いつから英語を始めるべきかという問題には正解はないと思います。

理想的なパターンは、幼少期にスタートして聞取りと発音をマスターし、国語含め他の学習を深めながら英語も継続する、でしょうか。

早く始めても遅く始めても、継続できるか否かがカギですね。

 

英語だけできても中身が空っぽでは何の意味もありません。

それよりは英語なんかできなくても、何か一つでも誰にも負けない強みを持つ方が大切なんじゃないかと思います。

でも、日本語もできない、となると、致命傷ですね。強みを持っていても表現できなければ活かしようがありません。

 

英語はあくまでも表現するためのツールです。英語ができるだけでは何の役にも立たないと思います。英語なんて英語圏に行けばできるのが当たり前ですから。

英語というツールを使って何をするか… 英語以上に独自の強みや創造力を子ども達には高めて欲しいな~と思います。

とはいえ、英語はこれからの時代に欠かせないこと間違いなしなので、ゆるゆるながら継続します~♪

 

 

インフルエンザ流行で学級閉鎖です ( ̄□ ̄;)

おはようございます。

インフルエンザ、流行っているようですね。

わが家は今のところ無事ですが、先週は小2娘のお隣のクラスが学級閉鎖になっていました。

小2娘のクラスはお休み2~3人で大丈夫そう♪ なんて思っていた矢先、昨日の朝、学校からメールが入り、

インフルエンザ感染拡大防止のため、1/24から3日間、学級閉鎖と致します。

とのこと。

 

わが子が元気でも学校をお休みしないといけないのは、ワーキングママにはキツイ。

 

私は在宅勤務なのである程度は仕事できますが、子供がいると集中できませんからね~。

 

それにしても、ついこの前までは真っ先に体調を崩す小2娘でしたが、ここ数ヶ月は学校を休むことが減りました。もしかして冬に強い!?

 

免疫力上がったのかな~。

免疫… そういえば、免疫力を上げるっていう子供サプリを飲み始めています

 

こちらです▼

こどもの体を守る新習慣サプリ【メンエキッズ】

 

もしかして効いてる?

 

最近は食物に含まれる栄養素が減少していて、どんなに食べても栄養価が足りない、と聞きます。

良く風邪を引くわが子達(特に小2娘)、栄養足りないのかと心配して色々サプリを見つけては試していましたが、味の面で二人が継続できそうな物になかなかたどり着けませんでした。

 

そんな時に見つけたメンエキッズ

初回半額いつでも止められる、とあったので早速試してみました。

 

「おいしい~♪」とふたり。

私も1本だけ試してみましたが、オレンジ味のヤクルトっぽい味がするゼリーです。

よ~く味わうとほんの少しだけ苦みを感じましたが、全然気にはなりません。

子供達が気にしないのだから、問題無い範囲なのでしょう。

 

初回お試し30本をしっかり継続できたので、定期購入することにしました♪

 

毎日朝食時に1人一本ずつ食べています。

ちょっとお高い朝の習慣。

でも、確かに風邪を引かなくなったし、気持ちも元気になってるように感じます。

しばらく続けてみます。

 

皆さんもインフルエンザにはお気をつけください!

 

 

 

子供達に夢を持つ勇気と自信を!植松努さんの感動スピーチ@TED

久しぶりの更新になってしまいました。

インフルエンザが猛威を振るっていますが、皆さんご無事でしょうか。

我が小2娘の学校では、いよいよ学級閉鎖になるクラスが出てきています。

我が子達は二人とも元気ですが、気をつけて過ごさないと行けない時期ですね。

 

植松努さんってどんな人?

さて、今日は感動をシェアしたいと思います。

植松努さんってご存知でしょうか?

北海道の真ん中あたりにある赤平市というところで植松電機という会社を経営している社長さんです。

「誰それ?」って感じでしょうか。(←私の反応)

 

では、「下町ロケット」「TED」と聞けばどうでしょうか?

ピンと来る方も多いかと思います。(私はそれでも分かりませんでしたが。^^;)

 

ドラマ「下町ロケット」に登場する佃製作所と似ている企業として、放映当時メディアなどで取り上げられた他、「TED」での熱いスピーチ動画が世界を感動させ、その再生回数はなんと230万回以上だとか。

 

そんな植松さんの会社、植松電機は社員20人(現在)の小さな町工場ですが、この町工場が行っているのはなんと最先端の「宇宙開発」です。

 

~登録しているメルマガより引用~

1994年、最初にロケットを飛ばすと言ったとき、「どうせ無理」という人がほとんどだったそうです。

 

しかし、2007年8月4日、ついに初のロケット打ち上げに成功。

 

その後も宇宙開発を続け、現在の植松電機は、「NASAよりも宇宙に近い町工場」として、世界中から注目を集めています。

 

「どうせ無理」と言われていた宇宙開発を実現することができた植松さんは、

 「僕にできたのだから、ほかの人にできなはずがない」

 と思い、

 「どうせ無理」という言葉をなくすために、全国各地で講演やロケット教室を開催。

 

年間1万人以上の子どもに「夢をあきめないこと」の大切さを訴えています。

 

感動のTEDスピーチ。子育て中の方は必見!

仕事の傍ら、植松さんの「子供達の夢のための活動」に興味を惹かれ、TEDのスピーチ動画を観てみました。

結論から言うと、ものすごく感動的です!!

特に子育て中の方は観てみてください。(20分弱です)

もしかしたら、子育ての方針が変わっちゃうかも!?

 


Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

 

こちらに動画の書き起こしがあるので、じっくり読みたい方はどうぞ▼

logmi.jp

 

植松さんが東京で登壇します

今や学校含め、あちこちで講演している植松さんですが、2月上旬に東京で行われる「お金の教養フェスティバル2017」に登壇されます。

ご本人の生の声に触れるチャンス!参加無料です。

 

ご興味ある方はこちらからお申し込みを!▼

http://www.f-academy.jp/link/4068/page/festival.html

 

密かに立ち上げたサブブログにフェスティバルの案内を掲載しています▼

road-to-success.hatenablog.jp

 

植松さんTEDスピーチの概略

最後に植松さんのTEDスピーチの内容をメモしておきます。

 

母の教え

「思うは招く」思ったらそうなるよ

 

祖父母の教え

樺太で自動車会社を営み裕福だったが、1945年ソビエト軍が攻め入り蓄えたお金が全部紙くずになるのを目の当たりにした祖母の言葉。

「お金は値打ちが変わってしまうものだよ。だからくだらないお金があったら貯金なんかしないで本を買いなさい。頭に入れなさい。そうすれば誰にも取られないし、新しいことを生み出すんだよ。」

この言葉を聞き、植松さんは本好きな子供になります。

 

アポロの月面着陸。「ほらみれぇー、ほらみれぇー、人が月行ったぞ。お前も月行けるぞ」と喜ぶ祖父の影響で、宇宙ロケットに興味を抱くようになり、たくさん本で学んだそうです。

 

学校で夢を砕かれる

中学生になった植松さんの夢は、飛行機やロケットの仕事をする、ということ。

それに対する先生の言葉。

「夢みたいなことを言ってないでテスト勉強しなさい!」

「そもそも宇宙なんちゅうものはよほど頭が良くないと無理だ。凄くお金もかかるだぞ! だから、それは別世界の話だ。お前なんかが出来るわけ無い。」

 

植松さんは…。

そして、考えたんです。

夢ってなんだろう?できそうな夢しか見ちゃダメなんでしょうか?でも出来るか出来ないかは一体誰が決めるんだろう?と思いました。やってみなきゃわかんないはずなのに、やったこともない人が決めるのは変じゃないかと思いました。

 

僕は、今出来ないことを追いかけるのが夢っていうんじゃないのかな?と思ったんです。

 

ところがそうじゃないみたいです。なぜならば、僕はいろんな大人から脅されたんです。ちゃんと勉強しなければいい学校に入れなくて、いい会社に入れなくて大変だよと。僕はあまり成績が良くなかったです。

 

だから、心配になって質問をしました。いい会社ってなんだろう?って。そしたら大人が教えてくれました。安定していて、楽してお金がもらえるのがいい会社だと言いました。僕は納得できませんでした。勉強すればするほど能力が身に付くはずです。

 

ところがせっかく身に付けた能力をなるべく使わないで楽をするために勉強するんだったら勉強しなくていいんじゃないの、と思ってしまったんです。

 

本に助けられる

夢を追いかけ周りから理解されなくなった植松さんを助けてくれたのは、本の中の人たちでした。ライト兄弟とかエジソンとか。周りに信じてもらえなくても頑張った人たちです。

伝記の重要性がわかりますね。

 

「どうせ無理」と言われ続けた植松さん

どうせ無理という言葉が恐ろしい言葉なんだなと思いました。

 

これは人間の自信と可能性を奪ってしまう最悪の言葉です。でも、とっても簡単な言葉なんです。これを唱えるだけで何もせずに済んでしまうから、とってもらくちんになれる恐ろしい言葉でもあるんです。こんな言葉で未来を諦めさせられてしまった人たちは自信を失ってしまうんです。でも人間は生きていくためにはどうしても自信が必要なんです。

 

・・・

 

だからこそ僕は、「どうせ無理」という言葉を無くそうと思いました。これが無くなったらいじめや暴力や戦争がなくなるかもしれない。児童虐待もなくなるかもしれないと思いました。だから、僕は誰もがどうせ無理だと思っている宇宙開発をしてみようと思ったんです。

 

教育が子供達の可能性を奪っている

「どうせ無理」という言葉に出会ってしまった時に「だったらこうしてみたら」と言ってくれたら、ただそれだけでいつかこの「どうせ無理」という言葉が無くなってこの世からいじめも虐待もなくなるんです。

 

・・・

 

学問というものがあります。僕らは学問を学んできました。では、学問というのは誰かに評価されるためのものだったんでしょうか?とんでもない間違いですね。学問っちゅうのは、社会の問題を解決するために人類が生み出したもんなんです。

 

・・・

 

じゃあ、教育ってなんでしょうか?教育っていうのは失敗の避け方や責任の避け方っちゅう要領の生き方を教えてくれるhow toなのでしょうか?全然違いますね。教育というものは死に至らない失敗を安全に経験させるためのものだったんです。でも、それがすっかりおかしくなってしまったんです。なぜかというと失敗をマイナスだと思っている大人がたくさんいたからです。その人たちが皆の可能性と自信を奪ってきたんです。

 

夢を叶える方法 

これからの日本を良くしていくために、世界を良くしていくためには、やったことのないことをやりたがる人たち、あきらめない人、工夫する人たちが増えればいいんです。「どうせ無理」に負けない人が増えればいいんです。 

 

・・・

 

これから先、僕らがやっていくべき事は、できない理由を探すことではない、できる理由を考えることです。ただそれだけで世界はあっという間に良くなるんです。

 

・・・

 

どんな夢も叶っちゃうよという言葉をプレゼントして終わりにしたいと思います。それは「だったらこうしてみたら」で夢は叶うんです。

 

・・・

 

だからお互いに夢を喋って、お互いに「だったらこうしてみたら」と言い合っていたら、全員の夢が叶ってしまいます。全員が有名人になってしまいます。素晴らしいですね。だからぜひ、「だったらこうしてみたら」が世界中で流行ったらいいなって、そしたら「どうせ無理」が無くなるだろうなと、ぜひ皆で「だったらこうしてみたら」を流行らしていきたいと思います。

 

 最後まで読んで頂き、ありがとうございました♪

 

 

 

2歳までのインプット量で、将来の英語力に差がでる!?

冬休みが明けるも、DWEの取り組みは冬眠状態が続いていた我が家。 

f:id:mommy-akko:20170111134134j:plain

 

このままでは、またお蔵入りモードに突入しそうと危機感を感じ、なんとかしたい一心で

「そろそろ電話レッスンの練習、始めようね~♪」

と子ども達に声をかけてみました。

ところが、

「え~~、やだぁ~、それより早く寝たい。」

とつれないお返事。 (|||_|||)

 

一度リズムを崩すと、取り戻すのは大変です。

よっぽど好きでない限り、楽な方に流されてしまいます。親も…(汗)

さぁて、どうしよう…。

 

小2娘の提案で英語へのやる気がスイッチON!

わが子達、冬は早く寝ないと朝にモロ影響します。

この時期の就寝時間は8時半。9時を過ぎるとアウトです。

なので、毎日帰宅後はバッタバタ。

確かにテレフォン・イングリッシュ(TE)の練習なんぞ、しているヒマありません。

 

でも、TEが今や我が家のDWEの中心です。

さぁ困った!

と頭を悩ませていた時に、

「今日から夜ご飯の時は、ママ英語でしゃべってよ!」と小2娘。

「え~~、めんどくさいよ」と本音が出てしまう私(汗)。

もう長らく英語から離れているから、いちいち英語で話すのが面倒なんです。

英語教育を施している母親の言動としては、情けない限りです。

子供と一緒に上達しよう!という気持ちを持ちたいところですが、なかなか…。

 

「私の英語のためだと思ってさ!」と英会話をせがむ小2娘。

いやいや、そう言われるとやらないわけにはいきませんよね~。

 

というわけで、三連休の夜は夕食から入浴まで英語メインで過ごしてみました。

 

1~2歳までの取り組みの濃さで、英語力の差が歴然

さて、何日か英語オンリーの夜を過ごしてみて感じたのが、小2娘と年中娘の英語力の差

小2娘は間違えはあるものの、恥ずかしがらずに英語で話そうと試みるし、文法はめちゃくちゃでもなんとか通じる英語を話します。それに私が言っていることは大雑把ですが理解はできています。

年中娘はどうかというと、英語で話すことにかなり躊躇して、なかなか言葉が出てきません。私が言っていることも、あまり理解できないようです。

 

この差の原因は何か…?

 

もちろん年齢の差もあるかもしれません。

ですが、小2娘が年中の頃どうだったか思い出すと、今の年中娘よりは英語が出ていたと思います。

 

二人の違いは何処に…?

 

それは、2歳ぐらいまでに英語に触れた量だと思うんです。

これに関しては二人に大きな差があります。

小2娘は2歳前ぐらいまで、DWE漬けでした。ほぼ毎日DVDを観ていたと思います。

年中娘はというと… あんまりDWEやらずに来ています。DWEお蔵入り状態だったのと、私が仕事を始めて時間が取れなくなったのが原因です。

 

言葉が習得には2000時間のインプットが必要と言います。小2娘はそれに近いインプット量があったのに対し、年中娘は全然足りていないんですね…。

 

今からでも遅くない!とインプットしたいところですが、今は好みがハッキリ出てしまっていて、もっぱらドラえもんばかりです。

英語はCDのかけ流しが精一杯。

DVDも観ないと理解には至らない。

さて、どうしたものか。

 

最近は0歳から英語が流行っていますが、子ども達が大きくなってきて、やはりその時期が英語を始めるのに最適だと実感しています。

しかし、こんなに差がでるとは…!

小さいうちにもっとちゃんとやってあげれば良かった!すでに時遅し…。

年中娘よ、ごめん…。

 

後悔でいっぱいですが、過去には戻れません。

まだ5歳だし、今からできることを考えてやって行こうと思います。

英語はとにもかくにも継続が大切ですよね。

我が家に今すぐできることは、かけ流しとTEの継続ぐらいかな。(^^;)

 

TEの練習時間を変えてみた

さて、英語オンリーの夜で少し英語学習にエンジンがかかり始めたので、TEの練習を復活すべく、練習時間を就寝前から朝食後に変更してみました。

朝だってバタバタです。

でも起きてしまえば、自動的にご飯を食べ、登校あるいは登園までに時間が見つけられないこともありません。

練習は2~3分で済みますから、やってみるとけっこう行けます。

しかも夜よりダラダラしません。

TEのレッスンには必ず歌も入っているので、朝から歌って元気になれるというおまけ付きです。子ども達も朝からテンション上がって上機嫌です。歌の力ってスゴイですね~。

これは我ながらGood ideaだったかも…。

 

しばらくは朝TE練習、頑張ってみます。

願わくは、毎朝の日課にしちゃいたいです☆

2017年 子ども達の英語の目標

f:id:mommy-akko:20170105132840j:plain

 

あけましておめでとうございます。

 

お正月休みが終わり、我が家は休みボケを抱えたままそれぞれの活動を開始しております。

 

新しい年を迎え、子ども達にDWEに対する今年の目標をきいてみました♪

 

小2娘 →「まだ決めてない…」(^^;)

年中娘 →「ペ~ラペラになる!」

 

スゴイ温度差(汗)。

小2娘は目標達成には「努力が必要」と分かっているので、あえて目標を掲げなかったと思われます。

 

そんな小2娘に今年の目標をきくと、「早寝早起き!」とのこと(笑)。

確かに大切だけど、目標にすることかな~?

 

具体性がないので、母が勝手に子ども達の目標を設定しました。

 

小2娘 →「ライムCAP合格!」

年中娘 →「グリーンCAP合格!」

 

どうかな~?

母が引っ張っていかないと続かない我が子達…。

まだDWEはお休みモードですが、母、頑張ります!

 

今年もよろしくお願い致します☆